PR
facebook

ビッグバンとインフレーションについて思った事


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017/4/20 0:46
伊豆倉 正敏  新米   投稿数: 2

素人がふと思った事
 宇宙の「パラレルワールド仮説」がもし正しくて、真空中での物質と反物質の生成と消滅が起きているのなら、宇宙誕生時の「ビッグバン」又は「インフレーション」のどちらかで現在の物質となる物が残ったのとそのエネルギーは、もしかしたらなんなかの理由で電子、クオークはこちら側、反電子などは反対側のパラレルワールドに飛んでいったとしたら説明できないでしょうか?
サイエンスフォーラムの環境会議室の住人より
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/4/24 0:18
like-mj  一人前   投稿数: 767
宇宙論に人気があるのも
まさに、おっしゃるように自由な考えで
自分の考えを、いろいろと出せるからと思います

私なんか、中学生の頃は
UFOの動力源と言われた反重力推進機関の
構造や設計図を載せ、理論的解説もあった
清家新一さんの超相対性理論に浮かれていました

満天のきれいな星空を眺めると
この宇宙が一体どうなっているのか分かりたい
気持ちになります

現実には、Hubble望遠鏡や地上で空気の澄んだ
標高の高い山の上なんかに設置した
いろんな波長の光を集光して見る望遠鏡で
見える範囲の事しか分からず
それだけのデータでも、うまく解析すると
銀河の質量と、運動の軌道の関係がおかしい
とかのDark Matter存在の間接的証拠を
見つける事なんかは出来るし

LHC加速器の次のテーマなんかの延長には
伊豆倉さんのおっしゃる別次元の存在の証拠が
眠っているかも知れません

期待して待つしかないですよね

夢は広がりますが
現実は、世知辛いって思ったら大間違いで
1つでも夢を叶えたいって気持ちを大切に
したいです

結局、どんなに偉い人でも金持ちでも
いつかは死んでしまうのですから
せめて、今人類は、どこまでの事を
知りえたのかを、納得しなけりゃ
つまらないって気分で
このサイトに書かせてもらっています
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ハンドル
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget