PR

二者択一問題について

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

like-mj

なし 二者択一問題について

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2014/3/9 10:57 | 最終変更
like-mj  一人前   投稿数: 768
この世の中には
ぶっちゃけ、二者択一を迫られている問題
というものがあって
最後のサイゴには、どちらを生かすか殺すか
という結論を下さなければイケナイように
見える問題というのがありますが...

この問題には、ある気分が関係し
こうした問題が本来二者共存という
間違いなく存在する道への扉を閉ざしてしまう
事もあり得る点に注意が必要です
それは、もう面倒だ...っていう気分です

あらゆる存在するモノには
何らかの使い道というものがあると思います
これがナイのなら、そもそも存在に至る事自体
が無かったような、そういうモノです

ここで、注意が必要なのは...
その使い道というモノを考える時に
もっと使い易いモノとの比較には意味がない
って事の意味を分かる事です

存在というモノは、それ自体神秘であり
それに優劣などというモノは
その神秘性がもつ無限性のために
意味を失ってしまうような下衆な考えに
過ぎません

でも一方で、あらるる可能性の中から
人というものは、どれかを選ばない事には
生きていけません

どういう感じのモノを選ぶかは
その人というモノを特徴付けるものでしょうが
結局、何を選ぼうが然したる重要性など
ほとんど無いのが、ぶっちゃけた話しで...
生死を決定付けるような大問題などとは
比較になりません

ところで面倒だってモノがあるのは確か
なんだと思いますが、そもそも生きる事自体が
面倒って言えば、一番面倒な事な訳で...

世の中、面倒な事だらけって言えなくもない
訳です
一番楽なのは、存在しない事ですからね
そうは言っても、やはり面倒な事を
本気で一切避けてしまったのでは
逆に生きてはいけないのも確かな事です

では、ここのトコは本来どう考えるべきなのか

世の中には、誰かしら、目の前にあるような
面倒な事を、面倒でなくしてしまう人という
モノが必ずいる...という事です
言い換えれば、面倒に思えるのは
そういう Golden Root を知らない
というダケなんだって事を...やはり
分かる必要があるんでしょうね

コレが出来ないのは
時間を過去に遡ったりする事くらいなモンと
思います
あらゆる問題には、その問題固有の
とても気持ちのイイような、スッキリとした
答えというモノが必すあるという事を
***証明するとかの硬い考えじゃなく***
感じ取る事ができれば...
誰しも、そういうモノを探そうとスル訳です

宝くじに当たるとか、時間を遡るような
無限に小さな可能性のモノは
すべて、同じ様な体裁を感じるモノであって
目の前にスグに出て来る答えがあり得るモノは
そうだと分かるのですね

これを誰しもが感じられるダケで
世界は、180度変わると思いますね
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR