PR

物理学と神

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

PXD02546

なし 物理学と神

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2013/8/15 12:30 | 最終変更
PXD02546  一人前   投稿数: 151
こんにちは、失礼します。最近、少し前に読んだ本を読み返しました。この本は正確には物理学と神学と言うのが正しいかも知れません。物理学で神を描いているというより神学を検証しているという感じでしょうか。
「物理学と神 」集英社新書。777円。
「神はサイコロ遊びをしない」と、かつてアインシュタインは述べた。それに対し、量子論の創始者ハイゼンベルグは、サイコロ遊びが好きな神を受け入れればよいと反論した。もともと近代科学は、自然を研究することを、神の意図を理解し、神の存在証明をするための作業と考えてきたが、時代を重ねるにつれ、皮肉にも神の不在を導き出すことになっていく。神の御技と思われていた現象が、物質の運動で説明可能となったのだ。しかし、決定論でありながら結果が予測できないカオスなど、その後も神は姿を変えて復活と消滅を繰り返し、物理学は発展し続けている。神の姿の変容という新しい切り口から、自然観・宇宙像の現在までの変遷をたどる、刺激的でわかりやすい物理学入門」
帯より
***
創世記 1章 1~5節(日本聖書協会口語訳)
1:はじめに神は天と地とを創造された。
2:地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。 3:神は「光あれ」と言われた。すると光があった。
4:神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。
5:神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。
**
「宇宙は無から創成されたことを第六章で述べた。まさに、対称性が完全に成り立つ状態の『無』こそが、宇宙のはじまりにふさわしい」
(P196ページ)
**
確かに、引用したようにそういう翻訳もあり「creatio ex nihiro」(無からの創造)というのが伝統教会の立場ではあります。

創世記 1章 1~5節(日本聖書協会新共同訳)
1:初めに、神は天地を創造された。
2:地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。
3:神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
4:神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、
5:光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。
**
この本文から読み取れるのは混沌からの創造(creatio ex caos)ともされてます。もともとの原典はどちらも同じで、文脈のかかり方でどちらも可能ということになると思います。確か物理にも「無」と「有」の双方があったと思いましたが・・。
原典は以下の通りです。旧約、正確にはヘブライ聖書は最初の1節は表題なので2節からが始まりで、「無しく」からはじまったか、「混沌」からはじまったかですが・・。
1:1
Gen 1:1
בְּרֵאשִׁית בָּרָא אֱלֹהִים אֵת הַשָּׁמַיִם וְאֵת הָאָֽרֶץ׃Gen 1:2
וְהָאָרֶץ הָיְתָה תֹהוּ וָבֹהוּ וְחֹשֶׁךְ עַל־פְּנֵי תְהֹום וְרוּחַ אֱלֹהִים מְרַחֶפֶת עַל־פְּנֵי הַמָּֽיִם׃
Gen 1:3
וַיֹּאמֶר אֱלֹהִים יְהִי אֹור וַֽיְהִי־אֹֽור׃
Gen 1:4
וַיַּרְא אֱלֹהִים אֶת־הָאֹור כִּי־טֹוב וַיַּבְדֵּל אֱלֹהִים בֵּין הָאֹור וּבֵין הַחֹֽשֶׁךְ׃
Gen 1:5
וַיִּקְרָא אֱלֹהִים לָאֹור יֹום וְלַחֹשֶׁךְ קָרָא לָיְלָה וַֽיְהִי־עֶרֶב וַֽיְהִי־בֹקֶר יֹום אֶחָֽד׃ פ
(多言語表記ができるようで感謝です)
「『創造』とはそれまでの枠組みから対称性を破って新たな質を生み出す作業であり、『研究』とは、その過程を克明に跡づける作業に他ならない・・」(P196)。
無からにせよ有からにせよ、それまでの対称性を破って新たな質を生み出したのにはかわりないわけですが・・。

・・・
本を買うほどではないなあ、と言う方は下記の書評が良くできてます。およそまとめていると言えるかも知れません。
http://1000ya.isis.ne.jp/1254.html
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR