PR

量子限界と集積度飽和

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

like-mj

なし 量子限界と集積度飽和

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2013/8/14 16:07 | 最終変更
like-mj  一人前   投稿数: 768
まだ毎年、新しいパソコンが市場にでたり
新しいCPUを生かした、新しいOSが登場
していますが

コレが、あと何年続くのか

CPUの性能は、素子の集積度が
指数関数的に、言い換えれば
任意の時点での総量が増加量を決める
利息が利息を生む計算原理で成長してきた
訳ですが...

すでに10年以上前から
量子限界への対応が叫ばれる中にあっても
それを超える決定打など出てくる形跡が
ありません

そうしたmicroな世界の論理を逆手に取ろうと
躍起になって、ヤレ量子computerだ
量子通信だ...などと一部で言われてますが

マジメな研究者であれば
目指すべきは、室温超伝導のようtechnology
であるのは、あまりにも当然なことと思います

そういう本当の話しは公けにはならないモノ
なんですね

それから、脳が記憶する内容を
脳以外の媒体にdown loadするなんて事が
一体どういう意味なのか分かっていない者が
結構おられます
私は、脳の記憶は神経線維のnetworkの
構造の中には、ほとんどナイと思っています
記憶が強化されたり、いろんな記憶が
相互に関係する仕組みは、神経細胞が
放出したり、吸収したりする化学物質
と神経細胞との関係の中にあると思います

細胞の中で、あらゆる作業は
大きな分子と小さな分子の共同作業で
それらは、意味をもった作業単位の構造体を
形成し、核へとsignalを送り、その核から
細胞内へと様々な分子が、意味をもって
放出され、最終的に細胞が1つの機能を果たす
のに必要な分子が必要なタイミングで
必要な量だけが、分化した細胞を認識した核から出てくる訳で...

神経細胞に分化したモノは
その昔は、タダ末端の運動する細胞などに
接続し、signalを伝達するダケのものと
思われていた訳ですが
パソコンのnetworkのような世界が
起点となる多くのサーバーで構成されるように
視覚細胞1つにしても、そこには目に見えた
世界を撮像素子のようにsignalにタダ変換
するだけではなく、そうした映像を一定の
frameに落とし込むという解釈機能が
あったりスル訳です

こうした解釈機能が成り立つ物質的背景こそが
脳の原初的な構成要件となっているのは
やはり明らかなことなんでしょうから...

考えてみても、たった1mm弱の虫でさえ
そうした世界解釈機能をもって生きている
事を考えても、神経線維のnerwork以前の
感覚器官から外界をつかみとる処方の中に
核心があるって思えますよね
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR