PR

Re: 初めまして

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

like-mj

なし Re: 初めまして

msg# 1.2
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/8/13 16:29 | 最終変更
like-mj  一人前   投稿数: 768
かんねんさん、お疲れさまです

私も、まさにソノなんとも..なんですよね^^;;
別スレッドでも言っちゃってますが
そもそも、なんで物理なんてーのが
生まれたのかあたりが一番おもしろい訳で...

keplerが、Tycho Braheが亡くなった事で
観測dataを引き継ぎ、太陽を焦点とする
楕円軌道の幾何学を明らかにしても
Galireoの運動の考察がなければ
それは、天空の幾何学の拡張版に過ぎない訳で

Philosophiæ Naturalis Principia Mathematicaの全3巻の構成のmotifが
物体の運動で貫かれているように

天空の問題と地上の問題を
つなげる事によって物理は生まれたんですから
Galireoの基本的考察で核心は尽きている訳
ですが、NewtonはKeplerの幾何学を
その運動の帰結として**導ける**と考えた点で
問題の核心を計算問題として確立したって事で

これにより応用の可能性を切り開く
数学的frameというモノの存在が明らかに
スル事がなければ仕事という考え1つにしても
energyなんかの考えだって生まれる余地は
ありませんから...

仕事という考えを導いた
静力学のテコの原理をmomentという
腕の長さによる力の効果を
運動する左右2点の局所形式で表現しよう
などとは思いもしないでしょうしね

r_1f_1 = r_2f_2 (腕の長さの効果)
r_1dθf_1 = r_2dθf_2 (両辺にdθ)
f_1dx_1 = f_2dx_2 (局所形式)
rとdxは直交し、dxはfの方向への微小移動量
なんかの、とても重要な仕事量の考察も
生まれなかったでしょうから...

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR