PR

X線とガンマ線の違いについて

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

かんねん

なし X線とガンマ線の違いについて

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2013/11/28 15:33
かんねん  スタッフ   投稿数: 40
 X線とガンマ線の違いを理解できているのかどうか自信がないので伺います。

 wikipediaによると、

「X線の波長域はガンマ線のそれと一部重なっている。これは、X線とガンマ線との区別が波長ではなく発生機構によるためであり、波長からX線かガンマ線かを割り出すことはできない。軌道電子の遷移を起源とするものをX線、原子核内のエネルギー準位の遷移を起源とするものをガンマ線と呼ぶ。」とあります。

 「軌道電子の遷移」と「エネルギー準位の遷移」の違いがわかりません。


 X線の方は、

「対陰極として銅、モリブデン、タングステンなどの標的に、加速した電子ビーム(30 keV程度)を当て原子の1s軌道の電子を弾き飛ばす、すると空になった1s軌道に、より外側の軌道(2p、3p軌道など)から電子が遷移してくる。この遷移によって放出される電磁波がX線(特性X線)である。この時、軌道のポテンシャルエネルギーの差で電磁波の波長が決まる。」と書いてありました。

 ということは、「軌道電子の遷移」とは、「はじき飛ばされた電子の空席に、エネルギー準位の高いところから電子が移動してくること」のようですね。

 一方のガンマ線の方は、今ひとつはっきりとした記述が見当たらないのです、私の理解は、

「ガンマ崩壊の衝撃により、電子がエネルギー準位の高い軌道に舞い上がって励起状態になり、それが基底状態(または下位の軌道)に落ちるとき放出される。」

なのですが、合ってます?

 もし合っているとすれば、「エネルギー準位の遷移」が意味するのは、「電子が下位に空白を持ったまま、上位に移動したものが元に戻ること」になりそうですが、この理解で良いのでしょうか?
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR