PR

Re: 物理力とは?

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

like-mj

なし Re: 物理力とは?

msg# 1.1.1.1.1.1.1.1
depth:
7
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/11/23 12:20 | 最終変更
like-mj  一人前   投稿数: 768
私の中学の頃、よく話しをしていた方には
野球部やサッカー部の人がいました
また、彼らはみな山登りも好きでした
野球部の方は、巨人の星の伴宙太に似ていて
素朴なトコに好感をもっていました
サッカー部の方は、頭もよく
彼らは、どことなく大人の雰囲気をもって
いたのを思い出します

彼らの親は、みな山登りの装備にも
理解が深いらしかったのですが...
内の親は、そんな雰囲気じゃーありません
でした
だって母親の実家の裏は、山とつながって
いて裏からスグに山の立ち上がりになって
いて、水なんかは山の清水を配管で蛇口に
繋いであるダケのものですし
母親なんかは、山によく山菜を取りに
行くのが好きでしたし、母の弟の叔父さんは
山の木を伐採する方でした
叔父さんなんかは地下足袋にお弁当で
行かれていたのを思い出します
ですから、山の恵みをよく知り抜いていて
ただ登るダケにテントをもったり
重装備な格好をするなんて、おそらく
ムダな遊びに見えた事でしょうが...
当時の私には、そういうツナガリまで意識する
事はなく、ただ一度くらいは行ってみたいな
なんて思っておりました

でも心の底を打ち明ければ...
なんで、そういう目的のハッキリしない
カラダを酷使するモノに挑戦したがるのか
もっと面白い事など、一杯あるのに
っていう気持ちが正直な思いである一方で
そういう事だって経験して見れば
結構面白いのかも知れないのではって
気もしていました

いろいろな友人がいましたが...
一番私を変えた方は、もう故人ですが
中2の私に、中3で習うピタゴラスの定理を
こういう事が言えるんだ、おもしろいダロウ
って教えてくれた方で、それ以来
彼との関係は欠かせないモノになって
しまいました

実は、小学校までの私は
よく外で遊ぶ事が多く
近所の子供たちと、軟式のフニャふにゃな
ボールとバットで、よく野球のマネ事を
していて、ソレなんかは大好きでした
でも、中学の野球部と言うと
そういう遊びとは、まるで違う一線を
画するモノで、みんなでランニングしたり
打球の球拾いをしたりと...いうモノで...

これで野球というモノに違和感をもって
しまっていたのが正直な気持ちでした

巨人の星だって、川上が家の外で
打ち返した飛雄馬の遊びや
ダイリーグ・ボールなどの秘密兵器の
面白さが無ければ、決して見る事は
なかったと思います
その後のマンガにドカベンとかがあるのは
知ってますが、見る気もしませんでした
マンガと言えば、手塚治虫以外には
考えられませんでしたし...
マガジンなどの発売日には今出るかと
待ちに待って出たらスグに買ったものでした

おもしろい事を通して、みんなが遊ぶ以外に
カラダをバンバン動かす意味など思いも
依らない気分でズットいたと思います
そういう運動を通じた心の触れ合いの
マンガがいくつも出たのも知っていますが
そもそも、そこに面白さを感じないモノに
何で子供たちが集まって何かをスルものか
分かる気など、まるでありませんでした

だって、軟式ボールや、ましてや硬式ボール
なんて石みたいなモノで、当たり所が悪ければ
死んでしまうようなモノでする必要性が
あるのか...
なんで、もっと簡単にできる面白いモノじゃー
不満なのかが、遂に理解できないままでした
後にフルマラソンにも出たりもしましたが
ソレだって、分かり難く直観しにくいのですが
ソコには楽しい気分がアルから私にも出来た
訳で...ただ記録を狙うような無意味なモノで
始めた訳ではなく、太ってしまい
このままでは死んでしまう程の進行性を感じた
ので、少しづつ始めたら、いつの間にか
面白い事に気づいてしまったからコソなんですね

こうした経験から
私には、人生にとって切り離せない考えは
ソレをする事自体が、とても面白いかドウカが
決定的でアルと、いつの間にか信じるように
なってしまいました
人と人のつながりが、そういう行為を介して
成立するにしても、ソコに本当の面白さがなく
ただの友情物語ってーのには
どうも胡散臭さを感じてしまいます

One Pieceのようなのは、大好きですが
あれは、安臭い話しなんかじゃなく
それぞれが、特殊な技をもつ者が互いを信じ合う
中で、海賊の王になろうとするような話しで
ルパンのような大人の雰囲気はなくても
五右衛門や次元のようなキャラが活躍するので
とても面白いのです
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR