PR

ノーベル物理学賞2013 ヒッグス粒子の2氏

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

PXD02546

なし ノーベル物理学賞2013 ヒッグス粒子の2氏

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/10/20 0:24 | 最終変更
PXD02546  一人前   投稿数: 151
今晩は、失礼します。
今日は半ドンで遅れている仕事をしました。
本屋さんで医学・薬学系の本を探していたら、いつもどおりの帰りになりました。
雨中のゴルフでなかったのは不幸中の幸いです。
私が書くことでもないと思いますが、CERNにはLINUX-PCをネット経由で貸出した位のファンなので取り上げることにしました。
いろいろな展開が考えられるので、この会議室にしました。
+++
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=00020131010004
ノーベル物理学賞、ヒッグス粒子の2氏
サイエンスポータル
October 11, 2013
スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2013年のノーベル物理学賞を、「ヒッグス粒子」の提唱者の英エジンバラ大学のピーター・ヒッグス(Peter Higgs)名誉教授氏とベルギー・ブリュッセル自由大学のフランソワ・エングレール(Francois Englert)名誉教授の2氏に授与すると発表した。
ヒッグス氏は1964年に、宇宙が誕生した137億年前の大爆発(ビッグバン)によってあらゆる素粒子が光速で飛び回った。その約100億分の1秒後に宇宙空間の状態が変わり、ある素粒子が他の粒子の周りにまとわりついて、動きにくくした(質量を与えた)とし、その粒子(ヒッグス粒子)の存在を予言した。エングレール氏も同年、独自に同様な理論を提唱した。ヒッグス氏は、その粒子の存在を、南部陽一郎・米シカゴ大学名誉教授(2008年ノーベル物理学賞受賞)の理論「自発的対称性の破れ」を土台にしたという。
その後、ヒッグス粒子については、2008年に本格稼動したスイス・ジュネーブ近郊にある欧州合同原子核研究機関(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使って、東京大学や高エネルギー加速器研究機構など日本の16機関が参加する「ATLAS」と、欧米を中心とした「CMS」の2つの研究チームが、それぞれに陽子同士の衝突実験を繰り返し、実験結果の検証を進めてきた。その結果、ヒッグス粒子を発見したとして今年3月に発表、今月7日に正式な論文を専門誌に掲載した。
ヒッグス粒子の発見が確定したことで、素粒子物理学の基礎となる「標準理論」で考えられた17種類の素粒子のうちの最後の1つが見つかったことになり、さらなる宇宙の謎の解明につながることになるという。
授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、2氏に合わせて賞金800万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)が贈られる。
***
CERNの施設LHCは時事通信のサイトで図解されています。関連ニュースを含めて紹介しておきます。
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_nobelprize20131008j-08-w430

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR