PR

力学は、なぜ成立しえたのか

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

like-mj

なし 力学は、なぜ成立しえたのか

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/7/29 21:57
like-mj  一人前   投稿数: 768
なぜ人は、物理のようなモノを
考えることができたのでしょう

こういう考えを思い付くには
どれ程の押さえ切れぬ心の高鳴りがあった事でしょう
バッハなんかが生まれる前の時代の
エーゲ海に囲まれたpisaというイタリアの町で
天空に輝く宝石のような星々の姿が、どれほど
この世のものとは思えないキレイさだったかを思います

航海を導く宝石の配置の幾何学が
地球を中心とする周転円の入れ子構造で
見事に説明され、それを微細な金属細工で
構造的な模型にしたものは
神聖ローマ帝国皇帝 Ferdinando Ⅰ de' Medici
の邸宅の間に飾られていた事でしょうし
彼の息子の家庭教師だった敬虔な
ローマ・カトリック教徒の Galireoが
考えたのは、イエスがエルサレム神殿の中で
やった事と似ていると思います
つまり、我々の住む、この一見クダラヌ世界の中に
天空の真理が貫徹していなくて、まったく
遠くて手の届かぬトコにあるようなモノをタダ
仰ぎ見る事に、何の意味があろうか
って考えたに違いないと思います

こうした敬虔さは、哲学の母であり
同時に数学や物理を生むことに通じるもの
なんだと思います

動く船の甲板の上で jumpする問題なんかは
小学生が、バスや電車の中でフト気づく
最初の不思議現象ですが

そうした不思議現象にも2つのモノがあると思います
どこにも不思議を装う感じのナイものと
見るからに不思議を演出しちゃってイルものです
本当に信頼できる不思議というのは
誰も、それを不思議とは言わないけど
でも、ヨクヨク考えると不思議なもの

それと大事な点は、たった一人の自分の前で
それが延々と起こり続けるモノなら本物でしょうね

世の中には、そういうマジの不思議さというモノが
アルというのも、古典物理との最初の出会いと思います
ソコには、通常の感覚を支える論理が試され
そうした感覚を超える論理へと導く、キッカケがあると思います

慣性の法則というモノが。。。
速度という物の運動状態を表す量が
そうした運動状態を見るという意味での
どれだけ速いか遅いかという事ダケでなく
そこに質量という、物と切り離せない
その物が、ソコに存在する意味のような量と
深く関係していると知るならば
存在しているモノがそう簡単に消え去る事が
ナイのと同じように、ある運動状態に存在する
物というのも
その運動状態自体というのは
そう簡単には変われるものでは無いという
意味で理解できる訳で。。。

一種の存在の意味の拡張になっている訳です
それに、速度というものが、
質量をもつ事により、そう簡単には
変わらないという理解に立てば
それを変えるモノの重要性が分かるってモンで
それが力な訳ですし
ソレは、物の存在にとっては外部要因な訳で
その外部要因が、存在としての物の意味の上に
落としたモノが、加速度という量な訳です

つまり、ただ速度・加速度という量を
直接考えた訳ではなく
速度というモノを質量と関係させる事によって
存在としての性質を、運動している存在へと
拡張する中で、慣性の原理を理解したからコソ
加速度というモノの真の意味が
外部要因によって、運動する存在のあり方が変わる
その変わり方の、物に即した量が加速度と分かった訳で

タダの位置の2階微分という考えで理解できる
ようなモノでは、そもそも無い訳です
慣性の原理を知らなければ、一般に
任意の階数の微分というモノが数学的には存在する
のですから。。。
この1階微分が質量と深く関係して
外部要因が働かなければ、どこまでも存在としての
運動状態は**変わる事がナイ** と言い切れた点に
2階微分に、その変わる事のナイ存在の性質が
外部要因によって、変えられてしまった
まさに、その変えられた程度を表現するという
特殊な意味が与えられるのですからね
1、2、3、・・・という計算の2番目という
意味とは、まるで異なる訳です
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR