PR

Re: 階層問題の重要性

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

like-mj

なし Re: 階層問題の重要性

msg# 1.3.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/9/23 13:25
like-mj  一人前   投稿数: 768
アリアさん、お疲れさまです

よくぞ聞いて下さったと思います

階層という概念をハッキリ哲学的に自覚したのは
やはり、Kar Marxなんでしょうね
それでも、その起源は
Newton力学を分析したHegelの自然に対する理解
が元で...こうした運動概念を自由意志をもった
人々の精神世界の問題に応用できると考え
精神現象学という大著まで書いたHegelを
そのまま拡張して理解してしまった点が問題の核心と
思います

これは、ある意味
kafukaさんが言う、Turing Machineのような意味によって
人々の自由を拘束してしまうからコソの問題です
すべては逆なんですね
最初に自由な人がいたから、歴史は紡がれた訳で...

つまり、人の可能性などというモノを
一般的哲学frameで理解する事など出来ない訳です
どのように押さえ付けようとも、それに逆らうのが
人というモノだからです
これは、人に与えられたデタラメさえも出来る自由度
が無ければ、逆に意味のアルものなんかも出て来ない
デタラメも出来るけど、あえてソウしないトコに
人の人足るユエンがあるって事です

自然に階層があるって話しは
そうした私たちが見ていると思っている世界と
量子力学で手にした世界の関係というのは
暖かい寒いといった温度を感じたり
押される感じで圧力を感じると言った
そういう感じというモノを
数字で表現する方法を私たちは知っている訳ですが
その数字の起源を、分子の運動に結び付けて理解
する事ができる訳ですが
私たちの感覚で知る世界の感じというモノが
暖かさや、押される感じを数字で表現した
温度や圧力というモノ以上のものではあり得ない訳で
そこには1つの**完結した世界**がある訳です
これが**階層の姿**ですが...

実は、コレは厳密には**完結してイナイ**
訳で...
その階層の論理では**理解できない現象**
というモノが、ごく僅かながらアル訳です
ソコが、**下の階層への扉**
になっているって訳ですね

失礼いたしました

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR