PR
facebook

何が問題なのか

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

like-mj

なし 何が問題なのか

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.2 .3 .4 | 投稿日時 2013/8/3 13:17 | 最終変更
like-mj  一人前   投稿数: 767
量子というものの話しをするのに
一番最初に言わなければならないのは何か

私にはそれが
部分と全体の関係なのは自明に思えます
古典物理の部分系というのは
それ自体、全体系と同じ意味の物理が成り立ちます
極論すれば、量子というのは
部分は全体の中に溶けてしまっていて
自己同一性すら本質的には持ちえないという点が
決定的なんだと思います

でも、これは自己矛盾した言い方ですよね
だって量子の運動を決定する運動方程式が何であるかを
私たちは知っているからです
これを理解する鍵は、摂動論の中にあります

摂動論こそが、古典論理の世界と量子の世界をつなぐ
唯一の論理を提供していると思います
ところが最近の主流は、非摂動論的な方法です

なぜか。。。
それは重力というものが
摂動論を受け入れないからと思います
重力の織り成す世界は、すべてを幾何学に還元します
空間のつながりの本質は、そのTopologyが根源であるのは
20世紀初頭には、数学者たちによって理解されつつ
ありましたが。。。
最初それは、微分幾何の世界で理解できると思われていました

ところが最近の展開で
すべての存在に働く重力というものが
自己同一性すらないような世界の本質に働きかけるには
そうした存在の全体がもつTopologyを知ることでしか
理解できないと知った訳です

数学的には、これは摂動論ではなく
代数幾何学のような、多項式という全体が
最初から与えられた世界の話しとして理解するしか
なくなっているんダト思う訳で。。。
ここにK3曲面とか、カラビ・ヤウ空間というような
ものが登場してしまう理由があるんでしょうね
カラビ・ヤウ空間が
クォーク3世代の自由度に、just fit する話しや

電子・陽電子の加速器衝突実験で
多重発生する Hadron Jet が photonの生成を介して
起こることなどは
Veneziano振幅がEulerのβ関数に乗ることの根拠を
運動する弦の mode に還元する気分を誘う訳ですが
それの1つの傍証とも言える現象なんでしょう

quark model のような現象論にとどまる限り
運動の法則そのものに到達できないのは明らかでしょうが
事態は、あまりにも数学的です

量子力学の発見の時にあった
論理的飛躍が、ここにもアルのは当然で
あの時には、なぜ加速度運動する電子から
輻射の生成がないのかが論理的な問題になましたが
ここでは、相対論をTopilogicalな全体に適用する際に
そうした飛躍がアルものと思われます
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ハンドル
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget