PR

Re: 現代の量子物理学の理論は本当に信用できるのでしょうか?

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 現代の量子物理学の理論は本当に信用できるのでしょうか?

msg# 1.3
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/5/21 1:26
ゲスト 
私は大栗さんの理論とか難しいことは全く分かりませんが、QED程度のところまででも、かなり疑わしいのではないか、と思うわけです。
例えば、ファイマン・ダイアグラムの計算では、複素正弦平面波 (~exp{i(kx-wt)} )を基に摂動計算を行うわけですが、この平面波は、全空間の全ての点が同じ振幅、周波数で振動するというもので、これをいくつか掛け合わせて、全空間で積分をする、というようなことをやるわけですね。そして、無限大の処理に困って「繰り込み」なる際どいテクニックを導入する、ということになるわけですね。
QEDにしろQEDさらには量子重力理論と素晴らしい大伽藍のような驚嘆すべき構築物であることは認めざるをえません。しかしながらその地盤は液状化しているのではないか、というのが私の疑問なのです。
私は別に研究者の皆さんに悪意があってこのようなことを書いているのではないことは、今までの投稿を読んで頂ければ御理解頂けると思います。ただ私は自分が正しいと考えていることを書いているだけです。もし、間違っているとお考えでしたら御指摘頂ければ本当に有り難いわけです。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR