PR

Re: アリスとボブと観衆のパラドクス

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

like-mj

なし Re: アリスとボブと観衆のパラドクス

msg# 1.6.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/8/17 23:43
like-mj  一人前   投稿数: 768
kafukaさん、お疲れさまです

私は、測定する1点の時刻に至るまでの
すべての時間において
運動方程式に従っていると思います

それに、測定器を含めた運動方程式には
意味がないとも思います
なぜなら...
(1) Microな変数とMacroな変数では
記述する階層が異なる事
(2) 測定が時間的に、1点で起こる事
の2点があるからです

folomyにも以前書きましたが
測定の本質的な点は、ソレが不可逆である
点にあると思います
そして、量子の運動は可逆です
つまり、可逆であり続ける限りは
運動方程式に従って運動していると
考える事ができると思います

だた、古典論理が働いてしまうと
もう量子は、その瞬間に
それまでの運動との関係性が断たれてしまうと
思います
それダケの事と思います

ですから、JJ.Sakuraiにあるような
Stern-Gerlachタイプの
可逆的な beam splitter または
Harf Mirrorを通した後に偏光板を通す
ような設定では
量子は、そのprocessでズット運動方程式に
従ったままと思います
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR