PR

Re: 坂口恭平って知ってる

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

like-mj

なし Re: 坂口恭平って知ってる

msg# 1.1.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/11/28 10:34
like-mj  一人前   投稿数: 768
坂口恭平を一言で言うと
あのゾンビと闘うMilla Jovovichと
共演が始まっているローラさんや
政治を一歩づつ良くしようとされている
山本太郎さんなんかよりは...

北野武が、麻原彰晃に感じていたモノ
以上の哲学的深みを、広く世界を見渡し
ありふれた言葉で表現するのみならず
身体表現も含め、ありとあらゆる人に
実際にソノ場へ行って、彼らと一緒になって
動きながら考え、誰にでも分かる形にまとめ
その中で必要な程度のお金も呼び込むことが
出来ちゃっている

ただ、彼に感じる、そこはかとない暗さは
企業という現在の世界の根源に位置し
殆どのありふれた人々の生活の基盤となって
いる存在が抱える矛盾...

より安く便利で新しい価値あるモノを
生み出すという社会的使命のために
出来上がっている支配構造に肌が合わない人が
ほんとうは、生身のイイ奴らが動かしている
現実に気づかぬままに去って行く

そういう深みに、もう一歩で届かぬ
気のイイ人であっても、ガマンの続かぬ
っていうか、自分の譲れないモノを保ったまま
異質な奴らだと直感し拒否反応しそうな者さえ
本当はイイ奴なんだと分かるトコまで
なぜ行こうとせず、安直に殻に閉じこもって
しまうのかは、その相手が大勢で組んでる
ように見えるからだろう

そもそも、人などというモノは
もともと、生まれる時は母親と一緒であっても
死ぬ時は、どんなに金持ちであっても
たった一人で死ぬしかない
古代の皇帝や王で、道連れを伴った事は
あったのかも知れませんが
そんな道理は今、通じる訳がありません
何兆円の資産があろうと、死ぬときは
たった一人です

ここに思い至れば、ほとんどの矛盾など
微々たる問題であって
企業の林立する現代の問題は
人の生きる基盤を提供する企業という問題とは
別の問題と確信できます

1つは、軍事産業などの安直に稼げる方法が
人々の未来に暗い影を落としたり
遺伝子組み換えで、虫さえ食えない穀物
なんかを安価に大量生産しちゃうという
のがヤバイというダケの問題
なのであって、資本主義をまじめな商売として
ヤル分には、ヘタにソレに対抗するような
考えには、ある種の暗さが逆に影を落とす事に
なると思います

夢の扉 人口蜘蛛の糸
https://youtu.be/u2oqeno09LI
のように、輝く未来は
物理フォーラムだからって訳じゃないケド..
まともな技術の Break Troughしかないでしょう


一部に、宅配で食材を届けるモノがあっても
ソレさえ面倒なら、コンビニかスーパーで
出来合いの完成品を買って食うか、外食しか
手はありません

家内制手工業の時代や、農家が
まともに成立した時代は、家族というモノが
成立したってーのも幻想だったのかも
知れませんが...

今の時代に成立する、普通の家族って
どんなモノなんだろうかって考えると
家族という存在が生産の基盤という生きる根源
に素直に直結する在り方を模索するには
企業という大きな支配構造では解決できない
と思います

それに、男と女の感性の違いを越えてまで
互いに納得し、面倒な子育てという事を...
子の立場からは、上手くいってる親に
愛されている喜びを実感できなけりゃ
そもそも意味なんかナイでしょう
それでも、子の独立を支援し
子を支える事があっても、子に面倒など
かけないという自覚がなけりゃ
子を成して、ほどなく死に絶える動物たち以下
かも知れません

つまり、見返りを期待しない気分の
支援する喜びコソが、次世代をはぐくむ元
だと思いますが、その背景には
口では言えない、次世代とのアウンの呼吸から
肌で感じる一体感がアレばコソと思います

バカにされているように見える親ではあっても
子との深いつながりを確信できる親ってーのが
一番気楽なイイ親子な気もします

子が幼い内は、現実的には
親から見放されれば、一日足りとも
生きてはいけないようなモノな訳で
だからコソ立場を逆転させてコソの親子関係
とも言えると思います
世の中には、そういう全く弱い時期に
親に捨てられ、街で物乞いをせざるを得ない
過酷な状況に追い込まれ、せっかく得たモノ
さえ別の者に奪われかねない程の路上生活を
余儀なくされてしまっている子たちも
結構います

そいう者が親になると、自分の過酷さを
子にも分からせずにはいられない気分を
乗り越えるには、自分にはほとんどなかった
支援の手を、自分の子には見返り無く出す
まさに、まさに子との真のつながりの
動物的本能の成せる技と言えるのでしょう
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR