PR

金持ちの憂鬱、唯物論の悪夢

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

like-mj

なし 金持ちの憂鬱、唯物論の悪夢

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/7/16 5:53
like-mj  一人前   投稿数: 768
以前、folomy時代から
【みっちゃん】さんというバチカンに招待された
ほどの真理を自己表現しえた女性が
ここにも顔を出されましたが…

最近、ネットでも話題のNew World Orderという
世界を裏で支配するルシファー信仰の本質を語る上で
金持ちの憂鬱や、マルクスの悪夢
という問題は重要です
つまり…
人自身が、かつて古典音楽
バッハやベートーベンやモーツァルトが表現しようと
したような生き生きとして生きる意味を見いだせる
存在として君臨できる考えが成立する根拠を
思想に求めるなら…

力をもった現実に存在する者たちが
神のように実際に振る舞える事を実力で示すしか
ないでしょう
このようにして創造された世界は
虫けらのような決して意識的に神に達する事のできない
一般大衆にとっては、与えられた神々のなす背景に
過ぎないモノでしかありません

こうした現実は、理屈ではありません
現実なのです
現実を創生する意志になど、一般大衆は
決して到達できないが故に、そこには神々の現実の
隠された姿があります

それでも、彼らがルシファー信仰という形態に
ならざるを得ない所に、彼ら自身も人である儚さが
見えてしまいます
その意味で、ルシファーというのも
彼らにとって作られたモノ以上のモノでは
あり得ない訳です

真に大衆が目覚める事があって
そうした事態が持続可能な意志の下に継続するなら
そうしたルシファーは、堕天使から天使に変貌を
遂げるという意味が読み解けます

つまり、無自覚な大衆に対する継続した挑戦に
なっている訳です

なぜ、それほどまでに急ぐのか
それは、彼らが人としての寿命をもっているからです

こうした世界の構造を作る事ができるという事実だけが
この世に限定された生を受けた人、という存在が
儚さを超え、肉体に拘束される意味を越える
関係性を一般大衆との間にもつのであって

もし、彼らが大衆の側にあるのなら
世界は混沌としたままです

つまり、最終的鍵は、大衆が握っているのです

過去において
そうした支配者たちは、言語を創生し
度量衡制度を確立するという大事業を成し遂げた訳ですが

そうした基本的事業に
もうやり残しなどないのです

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR