PR
facebook

大栗さんの時空生成の記述について

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

like-mj

なし 大栗さんの時空生成の記述について

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2015/6/7 6:28
like-mj  一人前   投稿数: 767
今世界で、一番HOTな話題は...

あの大栗さんが
6/2発行のPhysical Review Letters誌に
量子のあのentanglementが
時空自体を生み出す論理をもっている事を
記述したとされる論文です
http://www.ipmu.jp/ja/node/2175

私たちが関心をもつとすれば
一体、時空以前の何からの生成なのか
という点なんだろうと思いますが...

コレに、Holographic原理が関わって
いるのは、最近の話しの流れから言って
必然的でしょう
wikiのホログラフィック原理
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E5%8E%9F%E7%90%86
は、あのFrom Mirror Symmetry to Langlands
Correspondenceの
Ken Yokoyama氏の英語版からの訳出projectの
可能性が大きいと思いますが...

IPMUの公開ページや大栗さんのブログで
リンクされているarXiv.orgの
The Holographic Entropy Cone
http://arxiv.org/abs/1505.07839
【引用開始】
「ホログラフィー原理によって、重力理論と等価になる、
『共形場の理論の持つべき性質』」を明らかにしたものです
【引用終り】
や、IPMU公開ページのリンク
Tomography from Entanglement
http://arxiv.org/abs/1412.1879
【引用開始】
「共形場の量子もつれから重力系の局所性へ」
というタイトルです。もともとは、
「量子もつれのトモグラフィー」
というタイトルだったのですが、
Physical Review Lettersの
編集部の希望で変更になりました。
こちらの論文では、上の論文とは逆に、
「ホログラフィー原理によって、共形場の理論と
等価になる、『重力理論の持つべき性質  』」を
明らかにしました。
また、重力理論のエネルギー密度のような
時空の中の局所データが、
共形場の理論の量子もつれを用いて計算できる
ことを示しました
【引用終り】

という2つの論文よりは
大栗さんのTwitterのリンクにある
Entanglement Inequalities
http://t.co/9KztBHzKlS
という5/25-29にIPMUでやられた
物性物理学とAdS/CFTという国際研究会での
大栗さんのスライドのpdfが分かり易いです

今現在でも公開され続けている
こうした最先端に、参戦意志のある学生を
見事にいざなう
Caltecと東大をネットで結んだ
先端物理学国際講義I
http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture?id=11330
には、stream配信でないdownload version
のページがあるのを偶然見つけ
すべて確保しましたが...
http://todai.tv/podcasts/utocw/frontier_physics.xml
このリンクは、不思議な事に
私のbrowserのお気に入りバーから
accessすると
このフィードはもう存在しませんって
先頭に出ながらも...表示されますが
このリンクからでは、
このページは存在しないようです
となってしまいます
サーバー内には存在するようですが
何らかの古いprofileが、PCにないと
表示できないのかも知れません
東大がいつまでサーバー内に置き続けるかは
分かりませんが、何れ消されるでしょうから
text pdfと一緒にdownloadすべきなのですが...
アッそうか、file単位なら...
http://podcast.he.u-tokyo.ac.jp/2010_frontier_physics/ooguri01_1.m4v
出来ますね ^^;;
このリンク上で、対象を保存でOKです
あとは、ooguri01_1の部分を順番にすれば

この講義の13.Calabi-Yau Manifolds
から先は、大栗さんの手書きtextで...
大栗さんが、似顔絵にしても絵が上手く
字もキレイなのは、ご存知の通りなのですが

Entanglement Inequalities
も、心温まる手書き原稿pdfです
っていうか、異分野交流でも肩肘張らない
stanceがよく分かりますね
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ハンドル
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget