物理フォーラムホームページ>過去の話題>相対論>恒星の大きさの上限


(30) 恒星の大きさの上限
Viper
2005年03月07日(月) 01時55分

ちょっと前、インターネットのニュースで太陽の1500倍の星が見つかった。なんて聞いたのですが、実際、恒星の大きさに上限はあるのでしょうか?下限はたしか太陽質量の8%だったように記憶してますが。上はどこまででもいける様な気がします。自転の速度で、分裂してしまうのでしょうか?



(31)  (Re:30)
Re:恒星の大きさの上限
TOSHI
2005年03月09日(水) 06時28分


  こんにちは。。お返事がおくれてすみません。

 ご存知とは思いますが、一般には、重力はいわゆる縮退圧によってささえられていて、星がどのような元素で構成されているかによって限界質量は異なりますが、たとえば電子の縮退圧によってささえられる上限の質量はチャンドラセカール(Chandrasekhar)質量と呼ばれています。

 これは太陽の質量をMとして3Mより小さい星の場合は、矮星と呼ばれますが、およそ1.47×(2/μe)×Mで与えられます。μeは電子1個あたりの核子数ですから、上限は太陽質量の数倍にしかなりません。上限を超えたときには重力崩壊により爆縮することになるでしょう。

 3Mと8Mの間の星にもチャンドラセカール上限がありますが、この場合、上限を超えると重力崩壊によって超新星爆発によって分解します。

 8Mより大きい星は巨星といわれています。チャンドラ上限を超えると、重力収縮がおきてコアができます。やがてコアは中性子化し、中性子縮退圧の上限を超えると超新星爆発をします。

 しかし、コアが十分に成長し、中性子星となった星で、中性子縮退圧の上限を超えたときは重力崩壊によりブラックホールになり、以下重力収縮に限界はないので、ブラックホールが成長すれば質量に上限はないと思います。

                                       TOSHI



(32)  (Re:31)
Re:恒星の大きさの上限
Viper
2005年03月10日(木) 20時19分

TOSHI様

とても詳しい説明ありがとうございます。ちょっと専門的すぎて理解が…(^^;
えっと星の寿命を終えた状態も含めたお話なのでしょうか。
たしかに、ブラックホールになってしまえば、上限なくどんなにも大きくなると言うのはわかる気がしますが、主系列星の状態ではどこまで大きな星が存在し得るのかが知りたいと思ったのです。
(星の最後については大変興味があり、これについても知りたいことはあるのですが、これはまたの機会に聞きたいと思います)

中心部で核融合を活発に行っている主系列星ならば、電子や中性子の縮退圧で重力崩壊を支えなくても、核融合の圧力で支えられている状態だと認識しています。この状態でも、星の質量によってはコアに中性子星やブラックホールが突然できてしまうようなことはあるのでしょうか?

この辺がちょっと理解できてません。よろしければもう少しお願いできませんでしょうか。
                   Viper


PS.チャンドラセカール(Chandrasekhar)質量などはとても勉強になりました。



(34)  (Re:32)
Re:恒星の大きさの上限
TOSHI
2005年03月11日(金) 09時21分

 こんにちは。。。Viperさん。。

 様はよしてくださいね。(~~;)

 あ、縮退圧の話はもちろん、限界というので出したもので、通常は核反応による圧力で自重をささえているのはもちろんですし、ブラックホールになると際限がないというのもご存知なら問題ないです。

 中性子になってしまうほうが圧力的には安定なので中性子コアができるのは電子縮退が限界を超えた場合であると認識しています。

 そして中性子縮退圧でもささえきれない状態が限界だと思います。

                             TOSHI



(35)  (Re:32)
Re2: 恒星の大きさの上限
ふれっぷ
2005年03月11日(金) 13時29分

Viperさん、TOSHIさん、こんにちは。

先日のNASAの発表としてこんな記事が

http://www.asahi.com/science/update/0310/001.html

観測的には、太陽の150倍ぐらいが上限の
ようだ。ということですね。

どのような理由か、というのは明らかではないですが。

ふれっぷ@深川



(36)  (Re:35)
Re3: 恒星の大きさの上限
ふれっぷ
2005年03月11日(金) 13時55分

こんにちは。

ネタ元のNASAのHPです。

http://www.nasa.gov/home/hqnews/2005/mar/HQ_05071_HST_galaxy.html

ふれっぷ@深川



(37)  (Re:36)
Re: 恒星の大きさの上限
Viper
2005年03月12日(土) 01時02分

ふれっぷさん。はじめまして。

リンク先拝見させていただきました。
英語の方は読めないのですが(私が)、日本語の方を読むと、なんだかまだよくわかってないみたいな感じですね。

私が読んだ記事がHDDの中から出てきました。

”「ガーネットスター」と呼んだケフェウス座の赤色超巨星で直径は太陽の約1500倍”

とのことで、質量ではなく、直径の話でした。



(38)  (Re:37)
Re: 恒星の大きさの上限
Viper
2005年03月12日(土) 01時04分

すいません。「大きさの上限は?」ではなく「質量の上限は?」と書くべきでしたね。





Copyright© 2007 FPHYS All rights reserved.