物理フォーラムホームページ>過去の話題>量子>適当な書籍を紹介して下さい


(195) 適当な書籍を紹介して下さい
CarotStamp
2005年06月06日(月) 00時32分

ごぶたさしております。CarotStampです。
場の量子論の勉強をしたいのですが、恐れ入りますが、どなたか適当な書籍を紹介して下さい。

量子力学はそれなりに理解できるのですが、場の量子論となると敷居が結構高いようです。
入門書として独学で勉強できる本を探しているところです。

ちなみに、量子力学は
野村昭一郎著『量子力学』朝倉書店
中島貞雄著『物理入門コース 量子力学1・2』岩波書店
中島貞雄・吉岡大二郎著『物理入門コース/演習 例解量子力学演習』岩波書店
で勉強しました。

その後、場の量子論を勉強しようと、
西島和彦著『相対論的量子力学』培風館
長島順清著『素粒子物理学の基礎1』朝倉書店
をひもといたのですが、難しくて理解できませんでした。



(196)  (Re:195)
Re:適当な書籍を紹介して下さい
TOSHI
2005年06月06日(月) 12時39分

  おひさしぶりです。TOSHIです。

>ごぶたさしております。CarotStampです。
>場の量子論の勉強をしたいのですが、恐れ入りますが、どなたか適当な書籍を紹介して下さい。
>
>量子力学はそれなりに理解できるのですが、場の量子論となると敷居が結構高いようです。
>入門書として独学で勉強できる本を探しているところです。
>
>ちなみに、量子力学は
>野村昭一郎著『量子力学』朝倉書店
>中島貞雄著『物理入門コース 量子力学1・2』岩波書店
>中島貞雄・吉岡大二郎著『物理入門コース/演習 例解量子力学演習』岩波書店
>で勉強しました。
>
>その後、場の量子論を勉強しようと、
>西島和彦著『相対論的量子力学』培風館
>長島順清著『素粒子物理学の基礎1』朝倉書店
>をひもといたのですが、難しくて理解できませんでした。
>

  日本語では適当なものはなさそうです。

 まず、培風館のシリーズもので、「場の量子論」(中西襄著)、「ゲージ場の量子論1.2」(九後太一郎著)ですかね。でも、詳しく丁寧には書かれていません。すでにひととおり1冊でも読み通した人向きでしょう。

 あとは、ワインバーグのシリーズを全部読めればいいでしょうが、これも初学者には難解かもしれません。

 私の読んだもののみの紹介となりますが(読んでないものはわからないので)量子力学と2冊のセットでBjorken&Drellの「Relativistic Quantum Mechanics」と「Relativistic Quantum Field」はとても良いと思います。

 あと、量子力学ですがSakuraiの「Advanced Quantum Mechanics」はいいと思います。邦訳で出ているのは「Modern Quantum Mechanics」のほうで、場の量子論との架け橋にはなりません。もちろん、西島がわかれば、架け橋など不要ですが。。

 QEDの論文集として押さえておくべきなのはJ.Schwinger編の「Quantumelectorodynamics」でしょう。

 絶版ですが、SirokovやSchweberもあります。QEDだけならJauchもいい本ですね。

 いずれにしても古い本であり、高い洋書なので入手するのに苦労はします。

 新しい本も洋書でたくさん出ていますが読んだのは1冊のみで確か、「イチジクソン」だったかな、けっこうわかりやすいです。

 が、古い本のほうが教科書としてはわかりやすいと感じています。それらを読んだ後に中西や九後を読めば最高でしょうね。

                              TOSHI

 



(197)  (Re:196)
Re:適当な書籍を紹介して下さい
CarotStamp
2005年06月06日(月) 18時15分

TOSHIさんCarotStampです。

いつもながら、早いご回答ありがとうございます。

>>■■{語では適当なものはなさそうです。

そうですか、やはり日本語では適当なものはありませんか。
西島の『相対論的量子力学』が量子力学の後に読むべき本とよく言われているようです。そいつが解らないので、ひょっとして、国内の書籍では適当なものがないのでは?と思い始めていた所です。

教えていただいたBjorken&Drellの「Relativistic■uantum■echanics」と「Relativistic■uantum■ield」
当たってみます。                     



(199)  (Re:197)
Re:適当な書籍を紹介して下さい
CarotStamp
2005年06月09日(木) 00時45分

TOSHIさんCarotStampです。

ご紹介していただいた、
Bjorken&Drellの「RelativisticQuantumMechanics」
のハードカバーがamazon.co.jpのマーケットプレイス(古本)に出されていたので早速購入しました。「RelativisticQuantumField」の方は、丸善あたりに発注してみるつもりです。
現在電磁気学を復習中なので、この2冊を読むのがいつになるかわかりませんが・・・・・・

アドバイス、ありがとうございました。



(278)  (Re:199)
Re:適当な書籍を紹介して下さい
大那将猛
2006年01月12日(木) 06時26分

こんにちは
このサイト初めて見つけて
色々拝読させていただきました。
Toshiさんが色んなところに発言されているのを見て
昔やったことが思い返されてこれから遊びに来たいなと
思いました。

横レス&オソレスですが
僕もビジョルケン&ドレルがいいと思います。

場の量子化は扱ってないものの
上巻のメカニクスの方だけでも
ファインマンルールの一通りの説明があり
お二人が別トピックで議論されていたスピノル
の話(4成分のディラックスピノルですが)
が載っていたり、繰り込みのちゃんとした計算がでてたり
ととても親切です。

今、市中に出回っている場の理論の日本語の教科書は
繰り込みはお茶濁しで、テンソルやスピノルのローレンツ共変性とか、PCT変換とか、γ行列の交換の規則とか結構基本的なことがじっくりかかれてないように思います。

ビジョルケン&ドレルの上巻はだいたい最初の150ページでQEDの一次摂動の断面積の計算が一通り書かれてて、
繰り込みが続いて、最後に強い相互作用とかの扱い
(オールドファッションとか言われますが
 こういう計算もやっておいたほうがいいと思います。)
につづきます。
ToshiさんもかかれていたJ.J.SakuraiのAdvanced quantum mechanicsもよく似た内容だと思います。 

九後先生の本は大学で皆が薦めてくれましたが 
僕には敷居高かったですね。
人生にもう一度暇が出来たら
じっくりあたってみたいですが。


>TOSHIさんCarotStampです。
>
>ご紹介していただいた、
>Bjorken&Drellの「RelativisticQuantumMechanics」
>のハードカバーがamazon.co.jpのマーケットプレイス(古本)に出されていたので早速購入しました。「RelativisticQuantumField」の方は、丸善あたりに発注してみるつもりです。
>現在電磁気学を復習中なので、この2冊を読むのがいつになるかわかりませんが・・・・・・
>
>アドバイス、ありがとうございました。



(280)  (Re:278)
Re:適当な書籍を紹介して下さい
TOSHI
2006年01月12日(木) 12時22分

 こんにちは、いらっしゃいませ大那将猛さん。当フォーラムのサブマネージャーで、この部屋の進行役をつとめさせていただいているTOSHIと申します。

>このサイト初めて見つけて
>色々拝読させていただきました。
>Toshiさんが色んなところに発言されているのを見て
>昔やったことが思い返されてこれから遊びに来たいなと
>思いました。
>

  ほぼ私ひとりが回答役をつとめている状態では思わしくないのでいろいろアドバイスいただけたらと思います。

>横レス&オソレスですが
>僕もビジョルケン&ドレルがいいと思います。
>
>場の量子化は扱ってないものの
>上巻のメカニクスの方だけでも
>ファインマンルールの一通りの説明があり
>お二人が別トピックで議論されていたスピノル
>の話(4成分のディラックスピノルですが)
>が載っていたり、繰り込みのちゃんとした計算がでてたり
>ととても親切です。
>
>今、市中に出回っている場の理論の日本語の教科書は
>繰り込みはお茶濁しで、テンソルやスピノルのローレンツ共変性とか、PCT変換とか、γ行列の交換の規則とか結構基本的なことがじっくりかかれてないように思います。
>
>ビジョルケン&ドレルの上巻はだいたい最初の150ページでQEDの一次摂動の断面積の計算が一通り書かれてて、
>繰り込みが続いて、最後に強い相互作用とかの扱い
>(オールドファッションとか言われますが
> こういう計算もやっておいたほうがいいと思います。)
>につづきます。
>ToshiさんもかかれていたJ.J.SakuraiのAdvanced quantum mechanicsもよく似た内容だと思います。

 私の時代ですと、おっしゃるとおりですが、現在ではPeskinも有力だと思い、購入してつらつらと読んでいます。 


>
>九後先生の本は大学で皆が薦めてくれましたが 
>僕には敷居高かったですね。
>人生にもう一度暇が出来たら
>じっくりあたってみたいですが。
>
>

 私も苦労しました。。2巻を読むのに数年かかりました。リタイアしてから暇にあかして読むのもいいかとも思いますが急がないのであれば1日1ページずつとかでも読む方法もあります。 

 私自身は現在は素粒子論関係では、主としてsuperstring関係を読んでいます。 
 
 以後もよろしくお願いします。

                                      TOSHI
   



(281)  (Re:280)
Re:適当な書籍を紹介して下さい
TOSHI
2006年01月12日(木) 14時45分

 ps:たった1行がわからなくて1年以上足踏み、なんてよくありましたし、今もありますから、つくづく聞ける人などがいる、研究室の学生さんや、教師さんなんかがうらやましいですねえ。。。

 まあ、愚痴ですが、この種の愚痴を聞いてくれる人も全然いませんからね。。。(^^;)  失礼しました。。。。

                   TOSHI



(283)  (Re:281)
Re:適当な書籍を紹介して下さい
bi-cmos
2006年01月12日(木) 17時14分

bi-cmosです。

> ps:たった1行がわからなくて1年以上足踏み、なんてよくありましたし、今もありますから、つくづく聞ける人などがいる、研究室の学生さんや、教師さんなんかがうらやましいですねえ。。。

> まあ、愚痴ですが、この種の愚痴を聞いてくれる人も全然いませんからね。。。(^^;)  失礼しました。。。。


TOSHIさんも同じような思いを抱いておられる。。。大いに共鳴しました。知識・知力は兎も角、それに加えて気力が必要ということですねぇ。。。 この種の愚痴は私は大いにWELCOMEです。尤も私はこのフォーラムのおかげで救われていますが、、、



(284)  (Re:283)
どうも。 僕も嬉しい限りです。 Re:適当な書籍を紹介して下さい
大那将猛
2006年01月12日(木) 21時33分

Toshiさん・bi-cmosさん

どうもありがとうございます。
Toshiさんのおっしゃっているような愚痴(?)
の気持ちは僕にもありますね。

僕もたくさんのことやり残して卒業しましたので・・・。
そんなお話もしつつ
こういうスレで語り合う人たちに情報になることをあげていければ光栄です。

僕の場合は物理を学部と修士で勉強しました。ビジョルケンは4年生のときから読み始めて、一年では上巻の150ページくらい。というのは、一次の摂動の散乱断面積の計算を一通り追いかけたくらいのレベルです。
テンソルなどもその段階ではじめて学んだので、とても1ページ1ページが重かったです。(そこからスピノル、ローレンツ変換、ガンマ行列・・・と山盛りですから)
ですが、今読み直したら、結構丁寧な本なんだなとつくづく思いました。
場の量子化などは他の本で勉強しました。

修士にあがってからは場の理論のいろんな計算をしつつも
案外量子力学が分かってなかったんだなと思い
J.J.Sakuraiの「現代の量子力学」を読みました。
そして、とても目が開けたような気がしました。
そういうところを申し上げれば決して素粒子勉強する学生としては優秀な学生ではなかったということが露呈してしまいますが、6年の勉強で物理学が面白いということだけはよく分かりました。

今は物理の本を読んでも、仕事に役立つわけでもなく
趣味以上のものではないので逆に気負わないで
勉強していきたいなと考えています。
松原GREEN関数とか物性系の本を勉強してみたいなと
いう興味があります。

P.S.
Peskinさんの本というのを知らないので後で調べてみます。

>bi-cmosです。
>
>> ps:たった1行がわからなくて1年以上足踏み、なんてよくありましたし、今もありますから、つくづく聞ける人などがいる、研究室の学生さんや、教師さんなんかがうらやましいですねえ。。。
>
>> まあ、愚痴ですが、この種の愚痴を聞いてくれる人も全然いませんからね。。。(^^;)  失礼しました。。。。
>
>
>TOSHIさんも同じような思いを抱いておられる。。。大いに共鳴しました。知識・知力は兎も角、それに加えて気力が必要ということですねぇ。。。 この種の愚痴は私は大いにWELCOMEです。尤も私はこのフォーラムのおかげで救われていますが、、、



(286)  (Re:284)
Re:どうも。 僕も嬉しい限りです。 Re:適当な書籍を紹介して下さい
CarotStamp
2006年03月19日(日) 03時57分

大那将猛さん、bi-cmosさん、はじめまして、CarotStampです。

久々に、物理フォーラムにやってきたら、私が始めたスレッドにお二人の発言があったので、大変遅くなりましたがご挨拶にやってきました。

これからも、よろしくお願いします。

さて、せっかくご紹介頂いたBjorken&Drell「RelativisticQuantumMechanics」と「RelativisticQuantumField」ですが、購入はしたものの読むのはまだまだ先のようです。
このスレッドを書いているときは電磁気学の復習をしていてのですが、数学の力が弱いことを痛感しその後物理数学を勉強して、昨日から熱・統計力学の勉強を始めたところです。
熱・統計力学の後は、力学・解析力学 → 半導体デバイス(これが本業) → 一般相対論 → 場の量子論、と勉強を進める予定です。
実は2003年の4月から本格的に物理の勉強を初めて、これまでに、相対論(特殊) → 量子力学 → 物性論 → 電磁気学 → 物理数学、と進んで来たので、Bjorken&Drellは順調に進んで、2008年位からになると思います。

このサイトでは私の先生にあたる方々のレスで、みなさんご苦労されて勉強されたことが解り、「王道なし」を噛みしめ、勉強を続けていきたいと思いました。





Copyright© 2007 FPHYS All rights reserved.