物理フォーラムホームページ>過去の話題>量子>Re:力の本質


(129) Re:力の本質
もうもう
2005年04月26日(火) 12時28分

しかし、深遠にして摩訶不思議な世界ですね。

どうもありがとうございました。



(223)  (Re:129)
Re:力の本質
土井有朋
2005年10月05日(水) 16時07分

はじめまして、土井と申します。
ドナルド・ハトソンという英国の物理学者(?)の書いた「仮想量子の現実」という本を探していて、偶然このページを見つけました。
議論の最初から読ませていただきまして、大変面白かったです。(悪い意味ではありませんので、誤解なきよう)
私も最近、40歳を過ぎてから、コンピュータネットワークの専門学校に通っていますが、もうもうさんと同じように、本格的に工業系の勉強をするのは初めてなので、もうもうさんの持っている疑問は、よくわかります。私も目に見えないネットワークというものを考えるときに、自分がこれまで体験してきたことをテンプレートにして、即物的な比喩で考えたほうが、とても理解しやすく感じているからです。
また、田部先生の説明の仕方も、とてもお上手で(さすが本職の先生です)、もうもうさんや私などが陥りやすい思考のパターンについてやさしくお話されていると思います。
私も、実は素人ながら物理学の話が大好きで、宇宙論の本や雑誌を買ってきては、本道のネットワークの勉強をちょっとさぼって読んだりしています。(まずいなぁとは思いつつ)でも、こういうロマンは、私にとっては精神衛生上とてもよろしいので・・
ネットワークでも伝送手段の基礎は、電気信号や電波や光通信ですから、とくに電磁気学は必要と興味の両方を兼ねているので、これからもっともっと勉強して行こうと思っています。考え方と、実装のバランスをうまくとりながら・・・現実にネットワークは動いているものだし、かといって仕組みがわからないと、現行の技術を丸暗記(記憶力が落ちているので大変です)してもより優れた実装は開発できないでしょうし、難しいところですね。
そんなこんなで、最近、プラズマというものに少し興味を持っています。高温プラズマは維持するのがとても大変そうで、とても通信媒体にはなりそうにありませんが、くわしくはわからないのですが、常温状態でプラズマが存在するのなら、電磁気学的にこれを通信手段として利用する方法はないのかな?などと夢想しているようなありさまです。
今のインターネット技術は、物理的通信手段が何であれ、すぐに応用が利く方式をとっています。ですから、今後、地球的、あるいは地球と月、火星などと信頼性の高い、効率的な通信ができるためには、物理学のさらなる発展が期待されることでしょう。
蛇足ですが、ある雑誌で、ひも理論のブライアン・グリーン教授がこういうことを言っています
「・・・いまの物理学は実験科学として成功しているが、同じく実験的に裏付けられ、しかしまったく異なるような物理学の可能性はなかったのだろうか。私にはわからない。しかし、これは実に面白い問題だと思う。私たちが信じている事柄のどれだけが、データと数学的一貫性に基づいて一意的に導かれる真に基本的なものなのだろう。
あるいは別の道があって、私たちはたまたま1つの道を発見したから、そこを歩んでいるだけかもしれない。どこか別の星の生き物は私たちの物理法則とはまったく異なる法則を見つけていて、それが私たちの法則とほぼ同様にうまく機能する、などということが、ありはしないだろうか。」
第一線の物理学者の謙虚な声に心動かされました。





Copyright© 2007 FPHYS All rights reserved.