物理フォーラムホームページ>過去の話題>自由研究>カルピスソーダの泡についての研究


(742) カルピスソーダの泡についての研究
絵美☆
2006年08月21日(月) 22時59分

カルピスソーダの泡とサイダーの泡は違いますが、
このことについて調べようと思っています。

予想としては、

カルピスソーダは温度が低ければ低いほど泡ができない。
(炭酸ガスの発生が抑えられるから)
カルピスソーダは温度が低ければ低いほど粘りけが強くなる。
(乳酸菌のはたらきによるもの)

と、以上のことが上げられます。

さて、本題なのですがこれはどのように実験するのが良いでしょうか?
予想していたこと以外のことも、もちろん発見できれば発見したいですし、
最低限、予想したものの確認をしたいと思っています。

今のところ手っ取り早く、「ふる」という実験方法しか思いつきません。
(もちろん温度などの条件を変えたりはしますが。)

何か良い案があればお願いします。





Copyright© 2006 FPHYS All rights reserved.