物理フォーラムホームページ>過去の話題>自由研究>なぜ腐る


(62) なぜ腐る
理科大好き
2005年08月06日(土) 23時48分

中学1年生です。なぜ食べ物は腐るのでしょう?理科の自由研究でなぜものは腐るのかについて調べたいのですがインターネットや本で調べたのですが良くわかりません。できるだけ詳しく知りたいのですが。誰か教えてください。お願いします



(65) (Re:62)
Re:なぜ腐る
リリーマルレーン
2005年08月07日(日) 02時26分

食べ物の中に含まれている有機物質(たんぱく質とか炭水化物)が微生物(バクテリア)によって分解され有害な物質を生じたりや悪臭を放つことを腐敗と呼びます。
人間にとって有益な物質に分解される場合は発酵と呼んで区別しています(お米から日本酒ができたりします)

なぜ腐敗するかという質問に単純に答えると、われわれの生活環境に腐敗を進行させるバクテリアが存在しているから、ということになります。じゃ、なぜバクテリアが存在しているのかというと、生物の進化の歴史の流れの中で、微生物から始まり様々な生物が誕生しているからという答えになるのでしょう。

「なぜ」ではなく「なんのために」腐敗が起こるのかという見方をすると、生物が死んだあとそのままの形では再利用するのが難しいので、バクテリアの力で分解し再び他の生物の栄養素として再利用するためという答えもできると思います。

あるいは「どうして」生きている間は腐敗が起こらず、死んでから腐敗が進行するのか?という形に質問を変えると、人間を含めた多細胞の動物は外界からのバクテリアの侵入を様々な手段で防いでいるからです。

例えば皮膚の表面は丈夫な角質層で覆われバクテリアを体内に通過させないようになっています。食べ物と一緒に飲み込まれてくるバクテリアも多数いますが、胃の中で強力な酸(塩酸)の力で殺菌しています。空気中に漂っている埃(ほこり)と一緒に肺の中に吸い込まれるバクテリアは気管支の粘膜から出る粘液の力でからめ取られて繊毛の働きで外に戻されています。

それでも様々なバリアーをかいくぐって体内に侵入するバクテリアがいるわけですが、白血球を中心とした免疫細胞がバクテリアを攻撃して、体内で繁殖しないように常に監視しています。

転んで膝小僧をすりむくと、皮膚の角質バリアーが破られ病原菌が皮膚の内側に侵入します。皮膚が破れた部分には血液内の白血球が大挙して集まってきて、バクテリアを食べてしまい(白血球自身も死滅します)これらがウミとなって体外に排出されます。
食べ物の中に極めて大量のバクテリアが存在するような場合、胃の中での殺菌が間に合わず、そのまま繁殖してしまうので食中毒を引き起こします。
呼吸器から入り込んだバクテリアが適切に処理できないと、肺炎や気管支炎を起こします。

自然界全体の調和を保つために必要なバクテリアですが、多細胞生物が生きぬいていくために、常にバクテリアとの闘いが行なわれています。



(68) (Re:62)
Re:なぜ腐る
桑嶋幹
2005年08月07日(日) 16時15分

理科大好きさん

なぜ腐るかを調べたら、どうすれば腐りにくくすることが
できるかというのも調べてみると良いと思います。
(缶詰はどうして長持ちするかなど)

パスツールという人のことを調べてみると良いでしょう。

http://www.sujahta.co.jp/item/l-milk/lo-rekisi.htm
http://www.fiberbit.net/user/biology/QA/items/seibutu4.html
http://micro.fhw.oka-pu.ac.jp/microbiology/history/pasteur.html





Copyright© 2006 FPHYS All rights reserved.